TOP ▶ blogTOP ▶ ママblog01

今の仕事を続けるか悩んでいるママへ


ワーキングマザーの悩みが深刻化?


近年、女性の社会進出が進み、働きながら子育てに励むワーキングマザーの人口が増加していく中で、育児・家事・仕事のやりくり、日々奮闘しているワーキングマザーが抱える悩みとして問題視されています。

ワーキングマザーが仕事から帰ると、就寝に至るまでの間に今度は、この短時間の間でやらなければならない膨大な家の中の仕事が待ち受けています。
夕飯の用意、洗濯物の取り入れ、掃除、片づけ、子どものお風呂、寝かしつけ、さらに次の日の準備などに覆われ、ほっとできる時間がほとんど作れないのが現状です。
また、そうした中で、子どもの急な病気などで会社の早退や遅刻も多くなり、職場に迷惑をかけることに後ろめたさを感じることもしばしばあります。



母親が働くことは子どもにとって決して良いことなのか?


毎日の出勤前の準備の際に、子どもが思うように動いてくれないのに苛立ちが起こり、つい感情的になって怒ってしまいます。
一日の間で子どもと接する時間は限られているのに、常にそういう感情的な子どもに対する応対しかできないのであれば、冷静をたもてる自身の状態で関われる時間を持つことがほとんど不可能に思えてなりません。
子どもは、親の背中を見て育つといいますが、母親が会社で一生懸命に働く姿を見せているつもりでやっていることが子どもにとって決して良いことなのかを考えてみると、やはり母親自身の気持ちに "ゆとり" がなければ、子どもの教育に関して悪影響を与えてしまうのではないか?などつい思ってしまいます。

これからは、「女社会」と言われる時代ですが、男性(父親)と違い、毎日子どもの世話を考え、実行しなければならない女性(母親)には時として無理な実情であることも考えられます。忙しさに覆われることを避けるわけではありませんが、子育てが大変なのは、突然予期しないことが日々起こりうるからです。
また新しい何かが起こり、その都度、仕事の時間の調整、家での対応に追われることがあります。会社を退職して、専業主婦も視野に入れたいところだけど、しかし、少しでも経済的に余裕が欲しいから可能であれば自宅で内職をやりたい気持ちはあると思うというのが本音でしょう。



ワーキングマザーで培った能力を発揮する!


会社を退職しこれからの生活で、在宅ワークを選択した場合、これまでのように仕事上での他人との接点もなくなることにより、他人と切磋琢磨することもなく、良い触発し合う環境と打って変わりどこか無気力化してしまうのではないかという不安にも駆られることもあるのかもしれません。

ただ、あなたがワーキングマザーとしてこれまで家事と仕事の両立の間で培ってきた "大変な事態" でも瞬時に対応して磨かれた力のノウハウは、今後もたとえ、これまでと異なった環境であっても大いに発揮されることでしょう!



たまには料理の手間も省きたい!宅配サービス


空いてる時間でしっかり稼げる主婦向け求人 "在宅ワーク"



Copyright © 2015 Seikatsu Kilo.All Rights Reserved.

Top